Loading...
孫子兵法 2018-12-28T16:27:04+00:00

孫 武(そんぶ、紀元前535年? – 没年不詳)は、中国古代・春秋時代の武将・軍事思想家。「戦わずして勝つ」という戦略思想、戦闘の防勢主義と短期決戦主義、またスパイの重要視など、軍事研究において戦略や戦術、情報戦など幅広い領域で業績を顕し、ベイジル・リデル=ハート、毛沢東など、後世の軍事研究者、軍事指導者にも重要な思想的影響を与えた。

恵民県の旧城内に兵法書『孫子』の作者とされている孫武を祀る遺跡「孫武祠」がある。1989年に第一回孫子兵法国際シンポジウムが開催され、それを契機にこの地に明・清時代の建築様式からなる「孫子故園」が作られた。

代表都市

浜州

石器時代から人類はこの地で生活し、黄河文化、斉文化発祥の地の一つとなった。商王朝時代に蒲姑国が建てられ、秦王朝で県が置かれた。前漢時代に郡、州、府、道など地方行政が設置され、五代時代には、渤海に貼り付いているように見えることから浜州と呼ばれるようになった。浜州の悠久な歴史は、文化の源流を漂わせている。

東営

東営市は山東省北部黄河三角州地区に位置する。黄河はここで渤海に流れ入る。唐の太宗が東征した時に、ここに駐屯地である東営と西営を設置したことからこの名がついた。

中国第二の油田、勝利油田がある。

黄河三角州は文化的景観も優れており、大汶口文化遺跡、龍山文化遺跡、岳石文化遺跡など、初期人類がこの肥沃な土地で活動した歩みを知ることができる。斉の桓公が諸侯に盟約を結ばせた柏寝台、戦国軍事家孫子の孫武祠、前漢の八博士の墓、南宋時代の大殿(朝廷内で儀式や接見に用いられる所)東営の歴史上の著名人の卓越した功績など、全て見て回れば東営の悠久の歴史と深い文化的知識についての造詣も深めることができる。

黄河は世界でも土砂含有量の最も大きな河川である。1トンの水とともに流れる土砂の量は平均38キロ、夏の洪水期には650キロにも達する。1年に流す土砂は16億トン、うち約4億トンが下流の河道に堆積、残りの土砂は河口に運ばれてデルタ(三角州)を形成する。

菏沢

菏沢市は伏羲、尭舜の故郷。南は菏山、北は雷沢があったことから、菏沢と呼ばれるようになった。また、中原地方の政治、経済、文化面で重要な位置を占めており「中華の中心」とも呼ばれている。牡丹、書画、戯曲と武術の故郷であり、歴史的遺跡も数多く残っている。

舜尭禹など著名人も多くこの地で活躍したと。政治家伊尹、軍事専門家孫臏、思想家庄周、農学者汜勝之、経済学者劉晏、文学者温子昇などの聖賢、商業の始祖範蠡、前漢初代皇帝劉邦、魏の国王曹操もこの地で誕生している。黄巣の乱、宋江の乱が起こったのもこの地である。尭王墓、蚩憂塚、陳王台、範蠡湖、孫臏の故郷、秦の始皇帝が避暑に利用したと言われる洞穴など、100以上の名所旧跡がある。

見どころ

孫武古城観光地

孫武古城観光区は宋代の武定府古城遺跡に建てられたテーマパーク。城の周囲には7.2キロに渡る濠がある。孫子の功績、兵学、民俗文化などが展示されている。

無棣(むてい)貝殻堤島

40以上の貝殻島が繋がり合い、むき出しの貝殻堤となっている。その総距離は76キロ、完全な形を残した貝殻、少し欠けた貝殻、粉々になった貝殻(砂)が積み重なり、厚さは2.5〜5メートルに達している。まるで海浜に突如出現した一つの美しい真珠のようである。

東営黄河口エコツーリズム景勝地

東営黄河口エコツーリズム景勝区は黄河から海に流れ込む黄河デルタ自然保護区内にある。世界でもっとも古い湿地エコシステムを完備している。

曹州牡丹園

菏沢牡丹栽培はすでに1000年近い歴史がある。明(1368〜1644年)、清(1616年〜1912年)の時代が最も盛んであり、その後500年余年をかけて牡丹文化は醸成されていった。

グルメ

利津焼きまんじゅう

利津水煎包 [lìjīn shuǐ jiān bāo]

利津焼きまんじゅうは清の時代に作られた。100年以上の歴史があり、別名百年老包と呼ばれる。清の光緒年間、利津県の町で焼きまんじゅうを作るお店が増えた。皮は薄く黄金色で、パリパリしているが、硬くなく、具が多く中身は柔らかい。香りがあり、脂っこくない。お年寄りから小さな子どもまで好んで食べる。小麦粉を水でこねて発酵させ、具に野菜か肉を入れて焼く。肉まんじゅうの主な具は、豚肉、白菜、ニラなど。野菜まんじゅうの主な具は、はるさめ、卵、パクチーなど。それぞれの具に合う調味料と一緒に中身に入れる。煮る、蒸す、焼くの順番で、十五分くらいでできあがる。焼きまんじゅうの特徴は、水で煮てから、油で焼く、という順番にある。色、味ともにすばらしく、粉物のB級グルメの王者と言えよう。

黄河口大水門蟹

黄河口大闸蟹 [huánghé kǒu dàzháxiè]

黄河口大閘蟹は、黄河水系中でも特に高価な水産物の一つである。学名は「華絨敖蟹」、中国でも有名な淡水蟹で、甲羅は淡い青色、または黄褐色、腹部は白色、成長すると大きなハサミの部分には茶褐色の毛が生え、歩脚には黄金色の硬い毛が生える。東営はすでに黄河流域最大の大閘蟹の生産地となっている。海と河が合流する独特の環境下で、黄河口大菇閘蟹の肉質はすばらしく、脂肪ものっていて栄養価も豊富。ビタミンやミネラルも多く含んでいるため、薬用の効果もあり、身体に良い。

成武醤大頭

成武酱大头 [chéng wǔ jiàng dàtóu]

成武醤大頭は悠久の歴史がある。1763年、乾隆帝が江南に赴いた際、味わった後に「紫琥珀」と名付けた。甘みのある塩味が口に広がる。香り、口あたりもよい。大自然の神秘「昼は太陽の光、夜は露」を形容するような、独特の風味を醸し出す。さらに不思議なことに、いかなる防腐剤も添加されていないにも関わらず「蛆虫も湧かず、ハエも寄せ付けない」独特の効果がある。この調理法は、無形文化財に指定され、2006年、釣魚台迎賓館の政府主催料理の一つとなった。

黄河太刀魚

黄河刀鱼 [huánghé dāoyú]

黄河タチウオ、形状は鋭い刀に似ている。一般的には、体長約30〜40mm、幅5〜7mm、背ビレ側が肉厚で、腹側は肉薄である。毎年陰暦3月中旬に、群れを成すタチウオは、外海から黄河を逆流しながら上ってくる。東営市内東平湖に到達、産卵孵化する。脾臓、胃に良いとされ、人体の気と血液にも良いという。煮る、揚げる、焼く、炒める、肉団子にするなど料理法は多種多様にして美味。

東明藏家豚の塩煮

东明臧家卤猪肉

[dōngmíng zāng jiā lǔ zhūròu]

藏家豚の塩煮は清光緒年間、藏家の藏徳清が発明し、すでに130年以上の歴史がある。豚の塩煮は、豚の頭と内臓を原材料とし、八角、鳥のとさか、シュクシャミツなど十数種類の調味料と塩を加えて煮込む。色は紅褐色。香りがよく、肉質は柔らかい。脂肪分はあるが脂っこくない。その独特の味が、人々の賞賛を受けている。

単県羊のスープ

单县羊肉汤 [dān xiàn yángròu tāng]

単県羊スープは菏澤の伝統料理であり、200年以上の歴史のある。色は牛乳に似た白色。生臭くなく、脂っこくなく独特の風味を持つ。中華名食メニューに名を連ね、「中華第一スープ」と称えられている。巷では「菏澤に来たら牡丹城、単県羊スープを飲まなければ、菏澤に来た意味がない」と言われている。

ゴマの水飴

芝麻酥糖 [zhīma sū táng]

ゴマ水飴は浜州の民間伝統料理である。精選された高級白ゴマと白サトウキビが原材料。引っ張って伸ばして二千本以上の銀の糸のようにする。精巧で美しく、栄養豊富で香りが良い。甘くて独特の歯触りで飽きのこないおいしさ。万人に懐かしさを感じさせる、世に名を知られた美食グルメの一つである。

山東省の天気

おみやげ

無棣(むてい)海洋貝磁器

貝磁器または貝殻磁器は、天然の海洋貝殻砂、長石(アルミニウム、カリウム、ナトリウム、カルシウムなどを含む珪酸塩鉱物)、石英(二酸化珪素からなる鉱物)、カオリン(高嶺産の上質白陶土)などが原材料である。特殊な加工処理を経て精製される。使用する原材料の研究、加工過程は複雑で、成型も難度が高い。完成品は珍貴として扱われる。これを用いて飲食すると、その成分により生態環境保護にもなり、体内を活性化させる。抗菌作用もあると言われている。

国色坊牡丹油

牡丹油は牡丹の種から抽出した植物性油である。植物油の中で最も貴重な油であると言われている。医療用としても用いられるほどの滋養強壮の効果もある。

巨野県工筆牡丹画

巨野県の工筆牡丹画は伝統技法で精密に描かれる。厳選された筆で描かれるは牡丹はきらびやかで美しい。牡丹の花の、しっとりとして華やかな美しさを十分に表現している。

絹紐刺繍

色彩豊富で触り心地のよい、幅の異なる絹紐を原材料とし、専門的な刺繍法で、綿や麻に立体的な刺繍を施している。絹紐刺繍は民間の伝統と都市のスタイルが混ざり合ったもので、刺繍法は多種多様。実用的なものや、流行を追ったもの、優雅なものから奇をてらったおもしろいものまでたくさんあり、眺めているだけでも楽しい。

中国斉筆

中国斉筆は広饒県大王鎮西営一帯で生産される毛筆の総称である。斉筆の歴史は長く、浙江湖筆、安徽宣筆、河北衡筆と合わせて中国四大名筆の一つと称されている。

穂先は鋭く、毛先も揃い、大きく丸く整えられていて、硬さも適度で弾力がある。「優れた筆」と言える四つの特徴をすべて兼ね備えている。

ホテル

自分にあったホテルを探してみよう

浜州のホテルを探す
東営のホテルを探す
菏沢のホテルを探す