山東省の景色
都会からの脱出、海風に吹かれて悩みを吹き飛ばそう。
  • 一番美しい三大海岸線の一つです。これは必ず行く沿海の街です。ここはアメリカの国道一号線に匹敵すると言われています。ここは海と海岸道を新しい理解を与えることができます。断崖絶壁に並木道、波が荒いことを見て、悩みを忘れることができます。
    威海·環海路
  • 長島は静かな代名詞で、静かな楽園です。 32の島々と66の環礁、8,700平方キロメートルの海域から構成されています。 海と島風情があります。都市の喧騒と忙しさをしばらく離れて、暖かいとロマンチックを楽しみます。
    煙台 ·長島
  • 黄海の海岸に位置し、色や光沢が金のように美しいことから「ゴールデンビーチ」と呼ばれています。 中国でも有数の規模を誇り、「アジア初のビーチ」と称される景勝地です。 黄海からの強い潮風が波を打ち消し、大勢の人が群がり、細長い浜辺が特に壮観に見えます。黄海からの強い海風で大波が沖から押し寄せてきて、細長いビーチはとても立派です。
    青島·金沙滩(ゴールデンビーチ)
  • 成頭山はまた“天尽頭”と呼ばれ、三方が海にかこまれ、一方は陸に接している。古くから「太陽が昇るところ」と呼ばれています。。海の日の出が一番早く見えるところです。海の回廊に立って目をあげると、目の前には広大な海があり、いろいろな岩が林立し、風景が一望に収められています。
    威海·成頭山
  • 養馬島は歴史が古くて、秦の始皇帝が視察の際にここで馬を飼っていたことから「皇室養馬島」と名付けられたと言われています。島は四方を水に囲まれ、丘陵が起伏し、草木が青々としていて、山と海がきれいな絵のようで、そして快適な気候に恵まれて、「東方ハワイ」と呼ばれています。
    煙台·養馬島
  • 銀灘は広い砂浜です。砂浜の坂は平らで、砂質は繊細で柔らかくて真っ白で、中国北方の最高の砂浜の一つです。朝起きて日の出を見て、カニを捕まえて、シーフードの料理をいくつか食べるのは最高です。夕方、海辺に沿って散策したり、「三観亭」に行って海を眺めたりします。ここは生態環境が絶好で、有名な避暑と療養地になります。
    威海·乳山銀灘
山東祭り
伝統的な民族風情
  • 沂山文化祭
    期間:毎年5月から10月まで
    場所:沂山と臨沂
    沂山は五鎮(中国で有名な5つの山)の筆頭として、長い歴史と文化を持ち、古くから人々から尊敬されてきました。沂山文化祭を通じて、沂山文化の魅力を自分の生活の中で感じてみてはいかがでしょうか。沂山文化祭で東安王(古代王子)に任命された歴史的な場面を公演で再現でき、龍灯、楊枝、銅鑼鼓、獅子舞、腰鼓隊、高蹺、伝統的な船などの民俗芸能は祭りのハイライトとなっています。
  • 山東省の伏羊文化祭
    時期: (毎年7月頃)。
    場所:淄博市沂源県
    旧歴の6月6日の伏羊祭りは伝統的な物語の中で“六月六日に山の神を祭る”という風習に由来しています。伏羊祭りは沂源県で重要な伝統的な祭りとして、沂源の深い文化を持っています。伏羊祭では、本格的な沂蒙黒ヤギの料理を味わうことができるほか、田舎の美しい景色を楽しみながら、羊の放牧や鶏への餌やり、山での採卵などの農作業を体験することができ、平凡な農作業の中で疲れた心をリラックスさせます。
  • 青島国際ビール祭り
    期間:毎年7月下旬から8月中下旬まで。
    場所:金沙灘観光リゾート。
    天気がますます暑くなるたびに、暑さを解消するためのビールを一杯飲む必要がありますが、それは青島国際ビール祭りの開幕の時です。 青島国際ビール祭りは中国で最初のビールを媒介とする国家級の大型祭りであり、観光レジャー、文化、娯楽、経済、貿易を一体とした国家級大型祭りであり、国内及びアジアで最大規模の酒類の祭りであります。祭りの期間中、青島の街や路地は新たな装飾で彩られ、喜びに包まれます。
  • 長島シーフード祭り
    期間:毎年9月初め。
    場所:長島明珠広場。
    長島町では毎年9月の休漁期間が終わると、海産物の新鮮さを食べる良い時期を迎え、アワビ、エビ、ウニ、なまこ…。 海で海風を吹きながらシーフードの料理を食べます。シーフード祭りの期間中に美味しい料理があるほか、いろいろな海洋について講演を見ることができます。海辺で暮ら長島の人々の精神的な信仰生活を入り、長島シーフードならではの祭りの雰囲気を体験することができる。
山東省料理
郷土料理を味わいましょう!
鰆餃子
鰆は北太平洋西部に生息しています。 毎年5月から6月にかけて最盛期となります。鰆餃子は鰆の肉とほかの肉で餡を作り、小麦粉で作った皮、普通の肉餃子よりも栄養があり、同時にとても柔らかいです。特に山東省膠東市では、サワラ餃子が最も人気がある餃子です。
さば餃子
鰆は北太平洋西部に生息しています。 毎年5月から6月にかけて最盛期となります。鰆餃子は鰆の肉とほかの肉で餡を作り、小麦粉で作った皮、普通の肉餃子よりも栄養があり、同時にとても柔らかいです。特に山東省膠東市では、サワラ餃子が最も人気がある餃子です。
済南バーベキュー
“済南に行くと必ず羊肉の串焼き(ヤンコチ)を食べる”という言葉が広がっています。時間がたつと、済南は“串都(バーベキューの町)”と呼ばれるようになった。済南のバーベキューはおいしいだけでなく、想像できないほど種類が多いです。肉の串焼き、ハートパイプ焼き、筋焼き、馬歩魚焼き(ある魚の焼き)、ニンニクと肉の串焼き、焼き手羽、エビ焼き、ニラ焼き、キノコ焼き、ポテト焼き、焼き唐辛子…
青島の海産物
海に恵まれた地域環境で、青島料理は海産物の料理が中心になっています。海産物の数が多く、種類が多いです。青島の海産物の種類は主にカニ、ハゼ、ホタテ、貝、貝、サザエ、辛いサザエ、サザエ、八帯、イカ、サザエなどがあります。海産物にはさまざまな食べ方がありますが、あじがよくなるためには、やはり蒸かして食べますよ!
山東涼麺
涼麺は、夏に食べる麺で、“麻汁麺”とも呼ばれ、山東の伝統的な麺類です。麺を煮えた後、取り出して冷水に浸して冷まし、ボウルに盛り、麺に塩、酢、醤油、にんにく、ゴマソース、香椿芽(ある野菜)、千切り人参、千切りキュウリなどを加え、食べるときによく混ぜます。麺は涼しく、作り方は簡単で、味は塩加減が良くて、人々に愛されています。
テングサのところてん
テングサのところてんはすでに二千年以上の歴史があり、青島の有名な軽食の一つである。多くの青島人にとって、夏はテングサのところてんを食べることから始まります。テングサのところてんはゼリーのような透明感があります。 味はさっぱりとしています。