山東の 風景
中国東部にある山東省(さんとうしょう)は美しい自然景観、豊かな歴史文化と鮮明な地方の特色を一体化し、独特の観光スタイルを形成している。ここは歴史文化が厚い、自然山水が奇絶(きぜつ)で、五岳①独尊(どくそん)の泰山(たいざん)②があり、文化が深い明「三孔」明故城③、風光独好の沂蒙山④、そして景色が魅力的なロマンチックな海辺と水滸伝(すいこでん)⑤のヒーローの物語であり、それらは共に絢麗な山東省を構成している。

中国山東は中華文化の重要な発祥地の一つである。ここに中国の最初の文字と最初の教壇があり、中国の一番早い古城と最も古い万里の長城があります。ここは陶磁器とシルクの発祥地でもあります。山東省は古くから中国の政治、経済、文化の中心地域の一つであり、現在山東省に世界的な文化遺産4カ所がある。雄大で美しい、五ヶ岳の独尊がある泰山は、古代の帝王が登山して禅や祭祀を行った神山で、世界初の自然と文化のダブル遺産です。中国で最も早く、最大の孔子を祀る孔子を祀る孔子廟、孔子の末裔のために建てられた住宅の孔子府、孔子とその末裔の墓地の孔林、歴代の孔子をたたえる碑刻など、歴史ある明故城がある。西から黄河、冬から黄海までの斉長城があり、中国年代最初の万里の長城文化遺産です。“生きている運河”と呼ばれる大運河山東段があり、棗荘、済寧、泰安、閑城、徳州五ケ市を流れており、8段の運河と15カ所の遺産が含まれています。

山東地区のタイプの異なる自然環境は、異なる地理的景観を形成した。名山は泰山をはじめ、泰山の勢いが雄大で、「天下第一山」と呼ばれています。名山の間には川が少なくなく、山東内の水源は十分で、主要な河川は黄河が東西を横断し、大運河は南北を縦着し、その他には中小の河川があり、有名な湖は大明湖、東平湖、白雲湖、青沙湖、微山湖などがあり、そして渤海、黄海、東海、黄河は海口で独特なデルタ地形を形成し、他にはない;沿海都市は碧海青空金砂浜、天然観光地である。