おすすめプラン
第九回二十カ国グループ旅遊部長会議が日本で開催!
2019-09-13

 日本国交通省の招きにより、文化と旅遊部党組メンバーである王暁峰氏が率いた中国政府文化と旅遊代表団が10月25日~26日に日本北海道倶知安町にて開催された第九回二十カ国グループ旅遊部長会に参加しました。日本国国土交通大臣赤羽一嘉氏が司会担当で、二十カ国グループ各国の旅遊部長或いは代表、世界観光機関、経済協力発展機構、世界労働機関、世界旅行ツーリスト協議会などの国際的機関の代表、及びオーランド、フィリピン等の代表だ本会議に出席しました。


 W020191029557402027448.jpg

 今回会議のテーマは「観光業の『2030年可継続発展議程』への貢献を拡大する」です。王暁峰は会場挨拶において、中国の全域旅行理念が引いた農村旅行の推進、エコ旅行などの分野における可継続発展の収めた成績を紹介した上、観光業を優勢産業にし、配置を統一に規画、公衆サービスを向上させ、産業融合を推進し、総合管理を強め、国家級全域旅行模範区をメインに建設、観光業のハイクォリティー発展の推進の経験もシェアしました。また、データー時代の背景において、如何にイノベーションを通して、中国文化と旅遊管理およびサービス全面知能化を促進できるかについても紹介に及びました。中国側の挨拶が会議参加者の積極的な応えを得ました。


W020191029557402123729_副本.jpg

 会議は『二十カ国グループ旅遊部長会議宣言』(下記は『宣言』という)を可決しました。『宣言』が観光業の就職、経済、環境保護および包容性と可継続発展における貢献を強調し、二十カ国グループメンバーの交流と協力を強めることを励む上、イノベーションとデーター革新をグローバル観光業発展の増長ポイントとして認識します。『宣言』には二つの付属書類が付いています。各国の女性に権利を与えることと災害の予防、対応、回復の各方面において協力を固めることを励ます。