おすすめプラン
「山東御礼」グレードアップ 冬季山東観光 観光客のショッピング体験をアップ
2019-07-20

済南の「兎王」が入っている禅斎貢セット、手作り絞り染めスカーフ、済南の「湖光山色」を再現した文芸カレンダー・・・元旦はまだですが、「年取りもの」がすでに済南各観光飯店、スーパー、文芸商品体験ショップに置かれて、冬季観光お土産の優先選択になっています。包装箱には「好客山東」「山東御礼」「済南御礼」のロゴが一色揃えに印されて、観光客の買う選択が一目瞭然となりました。

image.png 

済南都市文芸品ショップ 提供:済南市文化と旅遊局

 

 従来、「食べる、泊まる、移動、見る、買う、遊ぶ」の六要素に割合が一番高く、増長が一番速い部分として、文化旅行商品は観光客の消費増長を牽引する最も有力な手段であり、観光地を彩る文化旅遊元素であり、観光消費の収入を増加する有効な手段でもあります。現在、我が省が開催している「冬季斉魯巡り・好客山東」の特典シーズンは「都市レジャーの旅」を打ち出しています。旅行商品の品質を高め、精品ショッピング割引イベントを開催しています。

 

image.png 

山東美術館文芸品ショップの「孔子六芸」の商品

「買うものある、買える、持ち帰えできる」これは山東省を観光に来ている観光客の身を持って体験したことです。観光地でも、店でも、現地のお土産で、文化の特色もあったデザインに工夫している商品がどんどん店舗に置かれ、モバイル決済、郵便配達などの手段変化も観光客に時間を省き、苦労しない感を与えられています。目下、我が省は、観光地の旅行商品が同一化、低下化現象を脱却に力をいれ、文芸観光商品の提供を豊かにし、観光客の「買得」のショッピング需要を満足し、もっと豊富な、もっと上質な、もっと特色のある文化と旅行商品を提供することに尽くします。

 

image.png 

2019年威海大天鹅文芸品商品国際デザイン大会大賞授与式

「良いもの」はどこから出ていますか。各地が相次いで新技を披露しています。今年の10月、済南で中国新鋭文芸品デザイン連合が設立し、資源の整合を通して、各地の特色の企業、観光地を組み合い、都市文化観光資源と結び、都市文化旅行の業界超え商品を打ち出すことを目指します。目下、連合はすで寛厚里と百花洲に二軒の店を出していて、通信販売も取り上げしています。威海では、大天鹅文芸品商品国際デザイン大会を開催。伝統と現代、文化と科学、地域性と実用性の結びに目を付き、文芸品商品の消費と流れを主導することに期しています。

 

image.png 

 第一回山東省文化と旅遊商品革新デザイン大会受賞授与式

 

image.png 

運河聊城のシリーズお土産セット

一方、省全体的には、引き続き「山東御礼」のシリーズ商品ブランドに力を入れています。今年の10月に開催された第一回山東省文化と旅遊商品革新デザイン大会の受賞作品は現在、山東博物館で展示されています。「運河聊城のシリーズお土産セット」、「パンダ悠楽お茶道具」、「好客山東テーマの物理スピーカー」・・・文芸品に限らず、今回の大会作品には、無形文化遺産、民間手作り工芸品など多種多様の商品の姿も見えています。我が省の歴史文化、無形文化遺産の伝承、民間芸術を示しながら、斬新かつ奇妙なデザインアイデアも現しています。

 

image.png 

「好客山東・山東御礼」文化と旅遊商品が観光地に入るイベントが周村古商城で行う

現在、「好客山東・山東御礼」文化と旅遊商品は周村古商城、曲阜三孔風景区などの観光地にも進出して、観光地の文化元素を彩り、資源のシェア、協力と交流、優劣の補い合い、作品を商品の市場化に変わっていくことを推進しています。

業界内の方により、「商品は特色があれば、販売には悩まず。もっと旅遊商品の消費に対する牽引効果を発揮しつづけるなら、観光客の体験に目を付き、その消費の好みを精確に掴み、需要に応じてデザインして作ります。またショッピングの場所の配慮と環境の改善にも力を入れるべきです」との意見が述べられています。