おすすめプラン
斉魯文化の夜宴はもっと素晴らしい!孔子博物館の夜観光が再開き
2019-07-20

    冬の斉魯の旅がもっと素敵

    文化の夜宴はあなたを待っており

    元旦と旧正月がもうすぐ近い、

    孔子博物館の夜観光システムが再び開き

图片1.jpg

    2019年12月13日から2020年2月9日まで、孔子博物館は周の金曜と土曜の夜観光が再び開きされ、その間に夜の21時まで観光できます。

観光客は本人の身分証Dカード或いは他の身分証明書で入場できで、その上孔子博物館のお土産店にて買い物されれば、五割引きのサービスと他のお気持ちのプレゼントを提供致します。

    また夜観光コースに各社会教育活動にもときに行われます。

 

图片2.jpg

    今晩19:00に孔子博物館の雅楽団ははじめて観光客に「韶楽」を差し上げますが、今後 毎周の金曜、土曜日に常に演出する予定です。「韶楽」は伝説上の虞舜の楽曲だといわれ、舜が堯の盛徳を引き継ぎ社会をよく発展されたことを歌ったが、「論語」にも“子は斉に韶楽を聞き、三か月間に肉の味を忘れ”とのことを書いています。孔子様は「韶」という楽が“美を尽くしてまた善を尽くすや”と認められ、もっともパーフエクトな楽章です。

图片3.jpg

    孔子博物館は両院士(中国科学院と中国工程院)の呉良鏞先生が設計されたもので、敷地は約17.3万平米で、総建築面積は5.5万平米です。本館はメインに漢代の建築をまねて、省グレートの専門な現代博物館で、2013年初めごろに建てられ、2019年9月6日正式的に営業始まります。

    孔子博物館の展示品は主に孔府が収蔵されたもので、孔子様の故郷の悠久な歴史を乗せていて、豊な文化遺産があります。孔子博物館は“三孔”文化遺産を伸びて、量も豊富だし各種類の館蔵文化財は約70万件があります。明の時代からの孔府家族の書類ファイルが30万件、宋の時代からの古籍図書が4万冊あまり、明清時代の服装と帽子類及び大量的な孔子様をまつりを関する礼楽器など8000件ほどは世によく知られています。


基本的な陳列と展示

    孔子博物館の展示面積は1.7万平米で、その中に主な展示面積は1.1万平米です。基本的な展示は「大哉孔子様」「詩礼伝家」とメインな2つ部分です。

图片4.jpg

    「大哉孔子様」は孔子様の時代、孔子様の身の上、孔子様の知恵、孔子様と中華文明、孔子様と世界文明などのことを展示されています。

图片5.jpg

    「詩礼伝家」は百世を影響あげ、孔府ファイル,闕里遺風と孔子様の世家との四つ部分を分けて展示されています。主に孔府歴代に残された独特な豊富な文化財、例えば歴代の聖公の画像、各代が伝じられた明清時代の帽子と服装、孔子様を祭った礼楽器、孔府の家族ファイル、孔氏子孫の名人物の書画、孔子家族の家糸図などを展示していて、歴代の支配者たちは孔子子孫たちを加護されたこと、及び孔子様一族の詩礼伝承の優れた伝統をよく表しています。

 

館蔵珍品

图片6.jpg

商、周時代の十供(部分)


图片7.jpg

清代 黄色彩絵のボタン枝巻き琺琅の五供

 

图片8.jpg

清代 “康熙五十二年製”の八罫紋の鎏金編鐘


图片9.jpg

戦国時代 トンボの目紋の斜め珠


图片10.jpg

明の時代 六十一代目の衍聖公 孔弘緒様の画像


图片11.jpg

清の時代 嘉慶四年の黄色お書き

 

    近頃、孔子博物館のほかに、山東美術館、山東博物館も次々に夜の観光コ―スがオープンされ、皆様が斉魯文化夜宴のお楽しみをお待ちしております。山東美術館は2019年12月1日から2020年2月29日までの間にご見学時間が午前9:00から夜9:00に変更していて、山東博物館は2019年12月14日から毎週の土曜の夜まで開館します。