おすすめプラン
連休期間山東省が6232万観光客をひきつけ 449億元の観光収入を実現
2020-10-13


連休期間山東省が6232万観光客をひきつけ 449億元の観光収入を実現

山東省文化観光庁によると、今年国慶節・中秋節連休期間、我省の文化観光消費市場は明きに回復のトレンドを示した。調査データによると、全省で延べ6232.1万人をひきつけ、449.3億元の観光収入を実現し、別々に昨年同期の81.9%と71.5%に回復した。

image.png

  消費の回復は加速され、恵民補助で休日観光消費をけん引した。省・市・県3級政府は消費シーズンサービスプラットフォーム、Union Pay(銀聯雲閃付)アプリなどを通じて、2000万元の恵民消費クーポンを配給した。省文化観光庁と16都市文化観光局は協力して「金秋賞游」「金秋歓購」などの4シリーズ200項目のイベントを開催した。11358社の文化観光企業と連携して、消費者に34万件の文化観光製品を提供した。調査によると、連休期間我省の観光客は平均720.94元をかかった。1~7日、全省の観光総合消費は483.6億元になった。調査を受けた189ヵ所の観光スポットは計1124.9万人をひきつけ、売上高は7.3億元となった。

image.png

  また、休日期間観光市場は好調になり、農村観光、夜間観光、家庭親子観光は人気になった。

image.png

  省内観光、郊外観光は多くの人の選択肢となった。データによると、連休期間山東省内の観光客は73.27%を占め、省外の観光客は26.73%を占めた。

image.png