おすすめプラン
割り箸で懐かしの風景を再現する山東省の若者
2020-10-18


  割り箸で懐かしの風景を再現する山東省の若者

image.png

  山東省臨沂に住む「80後(1980年代生まれ)」の若者が割り箸で作り上げた精巧で美しい工芸品が、ネット上で話題になっている。この若者は、懐かしの情景や物品を割り箸で再現し、これまでに約400点の作品を作り上げている。なかでも、割り箸6400本で復元した母校は、テーブルや椅子の1つ1つまで細かく再現されており、デザインの精巧さだけでなく、彼の子供の頃の懐かしい想い出が詰まっている。人民網の微博(ウェイボー)公式アカウントが伝えた。

image.png

image.png