春節のお慶びを申し上げます

春節のお慶びを申し上げます

2021-02-11 11:09:13

【編集:HAIWAI  2021/02/11】


中国の「春節」、民間では「過年」(年を越す)とも言います。実は「春節」と「過年」の由来は違います。では、「年」とは、どういう由来なのでしょう。

中国で最も伝われている由来は、あるおとぎ話と関わっています。

昔々に、「年」という物の怪がありました。毎年の十二月三十日(旧暦)になる、人間の村を襲い、人などを殺します。それに苦しまれた村人は、偶然「年」が「光」、「爆音」、「赤色」に恐れることを気付きました。そして、毎年「年」が襲って来ると、花火を上げ、爆竹を鳴らし、赤い服を着ることにし、「年」を退治しました。それから、習慣として伝われ、現在の春節風習になりました。

中国古代にはすでに「過年」の風習がありましたが、「春節」とは言いません。その頃の「春節」は、二十四節気の「立春」に当たります。南北朝時代(420-589 )は、「春節」が春の三ヶ月を指します。旧暦の正月一日が「春節」になったのは、辛亥革命(1911-1912年)後、西洋の新暦を起用し、両者を区別するため、新暦の一月一日を元旦にし、旧暦の正月一日を春節にしました。

現在、多くの国の「新年」は一月一日で、僅か一部の国だけが旧暦の正月一日を祝います。中国をはじめとして、中国文化の影響を受けた東南アジア諸国、ベトナム、シンガポール、マネーシアなどの国も旧暦の正月一日を「春節」として祝っています。

春節のお慶びを申し上げます(图1)



クリック数: