八大関風景区花石楼 海辺に聳えるお城

八大関風景区花石楼 海辺に聳えるお城

2021-04-14 10:02:14

【編集:HAIWAI 2021/04/15】


    青島八大関別荘区内にある花石楼は、別荘区で最も有名な建物です。西暦1931年、中国に亡命してきたロシアの貴族がここからの景色を好み、自ら監督して建てさせたもので、主体は5層からなり、建築面積は約八百㎡、最上階には展望台を設け、外壁は花崗岩で丸石が少し嵌め込まれているため、「花石楼」の名が付きました。 
    花石楼は古代ギリシャとローマの芸術スタイルを合わせた上に、ゴシック様式建築の美しさも醸し出し、偉容を備えたその姿は中世ヨーロッパの古城建築に属します。国民政府時代、蒋介石と宋美齢はほぼ毎年ここで休暇を過ごしたため、蒋公館とも呼ばれるようになりました。屋内の窓にはステンドガラスが飾られ、外から差し込む陽光が古い螺旋階段を照らす様子に、歴史を感じると共に、花石楼に暮らした者の往時の華麗な生活が偲ばれます。花石楼は、その美しい建築と雰囲気により、青島の有名な見所となっているだけでなく、青島市民がよく結婚写真の撮影に利用するスポットでもあります。

観光スポット種類:記念物遺跡 都市風景 
営業時間:8301730
費用:8.5

住所:青島市市南区黄海路18号八大関風景区内(正陽関路に近い

TEL0532-83872168

八大関風景区花石楼 海辺に聳えるお城(图1)

八大関風景区花石楼 海辺に聳えるお城(图2)

八大関風景区花石楼 海辺に聳えるお城(图3)

八大関風景区花石楼 海辺に聳えるお城(图4)



クリック数: