「衣冠華夏 国潮東方」第1回山東華服日フェスティバルは山東博物館で開催

「衣冠華夏 国潮東方」第1回山東華服日フェスティバルは山東博物館で開催

2021-04-17 10:04:21

【編集:HAIWAI 2021/04/17】


「衣冠華夏 国潮東方」第1回山東華服日フェスティバルは山東博物館で開催

 

中国の古典『左伝(春秋左氏伝)』には、「中国は、礼儀を重んじるが故に夏と称され、服飾の美しきにより華と呼ばれている」と記されています。 旧暦の33日は、古くは上巳節と呼ばれ、黄帝(中国古代の伝説上の帝王)を記念する祝日とされています。中国共青団中央は、毎年33日を「中国華服日」と定め、根本を忘れずに前進を続けるための記念日としています。

414日夜、山東博物館、済南中海地産、十三余と歴城華山街道事務所が主催した「第一回山東華服日フェスティバル」は、斉魯の大地にある華山のふもとで開催されました。きらびやかで幻想的なイルミネーションに包み込まれたイベント会場では、ダンス「唐宮夜宴」、各王朝の衣服を再現した華服ファッションショー、華楽の演奏「シルクロード」など、素晴らしい演目が次々と繰り広げられ、人々の目を奪っていきました。

 


クリック数: