本日は穀雨

本日は穀雨

2021-04-20 09:50:19

【編集:HAIWAI  2021/04/20】


穀雨は、24節気の6番目の節気、春の最後の節気です。 毎年陽暦では419日~21日くらいですが、今年は420日が穀雨となります。 穀雨は「雨生百穀」という意味で、畑の苗木が植えられ始め、作物の種が蒔かれる時期は雨の潤いが最も必要となります。この時期降雨量が著しく増加し、「春雨は油のように高価」とも形容されます。 降雨量の多さは十分に時宜を得たもので、穀物は成長を約束されます。

穀雨とは、春雨が百穀を潤すことから名づけられたもので、雨で潤った田畑は種まきの好期を迎えます。なお、この時期に特に雨が多いというわけではありませんが、穀雨以降降雨量が多くなり始めます

穀雨は、雨水、小満、小雪、大雪などの節気と同様に、降水現象を基とした節気であり、古代の農業文化が色濃く反映されています。

「清明になると雪が降らなくなり、穀雨になると霜が降りることもなくなる」という言葉があるように、南の地方ではトンボが飛び始め、冬服やストーブとも完全に別れる季節となります。


本日は穀雨(图1)


クリック数: