穀雨には何をする

穀雨には何をする

2021-04-20 09:52:17

【編集:HAIWAI 2021/04/20】


南方では、穀雨にお茶を摘む習慣があります。伝説によれば、穀雨の日のお茶は、消火(のぼせをとる)、魔除け、明目(目を明るくする)などの作用があると言われています。 ですから、この日はどんな天気でも、人々は茶山に出かけ、茶を摘んで飲んでから帰ります。


北方では、穀雨にチャンチン(香椿)の木の若葉を食べる習慣があります。穀雨の前後にチャンチンが市場に出回ります。爽やかな香りや高い栄養価から「穀雨の前のチャンチンは絹のように柔らかい」と言う。チャンチンは、体の免疫力を高め、胃を健康にし、下痢を止め、エモリエント効果、抗菌、抗炎症、殺虫効果までも有しています。


穀雨には何をする(图1) 穀雨には何をする(图2)

穀雨には何をする(图3) 穀雨には何をする(图4)


クリック数: