済南市 洪家楼天主教堂

済南市 洪家楼天主教堂

2021-05-23 10:04:00

【編集:HAIWAI  2021/05/24】  

    済南市東区にある洪家楼天主教堂(=カテドラル)は、オーストリアの修道士の設計で、1901年に建てられ、1906年に増築されてゴシック様式建築となり、すでに百年の歴史を持つ、華北地区最大のカテドラルです。高く聳える60m近い鐘塔は、クラシックな中世の雰囲気を味わえる、伝統的なゴシック様式。広く堂々としたカテドラルは、ラテン十字の設計と典型的なゴシック建築で偉容を示し、建築スタイルと平面レイアウトは、パリのノートルダム大聖堂を模してつくられました。 
ホールにあるヨーロッパ式の明り取り窓、ドアに生き生きと刻まれた彫像が、荘厳さを醸し出しています。カテドラル内はローマのビザンチン様式で、40本もの四角い石柱が二列に並び、柱の上部には精緻な花の彫刻が施されています。 洪家楼天主教堂は伝統的な西洋建築でありながら、彫刻工芸の中に、中国文化の精髄を見ることができます。

おすすめ度:★★
観光スポット種類:記念物遺跡 


済南市 洪家楼天主教堂(图1)済南市 洪家楼天主教堂(图2)

済南市 洪家楼天主教堂(图3)済南市 洪家楼天主教堂(图4)

済南市 洪家楼天主教堂(图5)済南市 洪家楼天主教堂(图6)

済南市 洪家楼天主教堂(图7)済南市 洪家楼天主教堂(图8)

済南市 洪家楼天主教堂(图9)済南市 洪家楼天主教堂(图10)

済南市 洪家楼天主教堂(图11)済南市 洪家楼天主教堂(图12)



 



クリック数: