江北第一の水城 聊城市

江北第一の水城 聊城市

2021-06-03 09:27:10

【編集: HAIWAI  2021/06/03】


     聊城は国家歴史文化都市です。原始時代には民が生活し、農業が盛んでありました。隋の大業4年(西暦608年)、煬帝が京杭大運河を開くと、交通が便利になり初期文化経済の発展を促しました。

 名所旧跡は2700以上、今後の観光開発価値の認められる景観は470を超えています。国家レベル重要文化財保護施設は三箇所、省レベルは十五箇所。「江北の水城」「中国北方のベニス」とも呼ばれています。

 市内にある東昌湖は、中国でもまれに見る大型の城市内湖であり、十の湖地区と二十のサーフェス、湖岸線の総距離は16km、総面積は6.3平方キロメートル、水深は最も深いところで約5m。湖水は透き通り、その景色は人々を魅了し、「南に西湖あれば北に東昌あり」との名声を得ています。北宋煕寧三年(1070年)に形成され、千年あまり枯渇したことがありません。

江北第一の水城 聊城市(图1)

江北第一の水城 聊城市(图2)

江北第一の水城 聊城市(图3)

江北第一の水城 聊城市(图4)

江北第一の水城 聊城市(图5)


クリック数: