唯一古代馬車をテーマとした博物館 

唯一古代馬車をテーマとした博物館 

2021-07-04 09:32:48

【編集:HAIWAI 2021/07/04】


 車と馬は、中国古代における陸上の主要交通手段でした。3Aグレード観光区に属する中国古車博物館は、後李文化の遺跡にあり、春秋車馬展示ホールと中国古車陳列館の二つからなります。車両輸送の長い歴史や造車技術の展示が揃い、中国で初めて車馬遺跡と文化財陳列を一つにした博物館です。 
 時代考証によると、ここで出土した副葬馬車の年代は、秦の始皇帝の兵馬俑より二百年以上も前であり、中国考古学上の重要な発見とされています。当時発掘した二つの車馬坑から出土した副葬車、戦馬、馬車の飾りなどは、どれも春秋中期、斉国の王侯貴族の副葬品であり、これら車と馬の装備により、王侯貴族のライフスタイルや当時の交通文化がうかがえ、「千乗の国」といわれた斉国の、旺盛な国力や貴族の豊かさも見て取れます。

唯一古代馬車をテーマとした博物館 (图1)唯一古代馬車をテーマとした博物館 (图2)

唯一古代馬車をテーマとした博物館 (图3)唯一古代馬車をテーマとした博物館 (图4)

唯一古代馬車をテーマとした博物館 (图5)唯一古代馬車をテーマとした博物館 (图6)

唯一古代馬車をテーマとした博物館 (图7)唯一古代馬車をテーマとした博物館 (图8)

唯一古代馬車をテーマとした博物館 (图9)唯一古代馬車をテーマとした博物館 (图10)

唯一古代馬車をテーマとした博物館 (图11)唯一古代馬車をテーマとした博物館 (图12)



クリック数: