山東省無形文化遺産 泥塑・兎王 

山東省無形文化遺産 泥塑・兎王 

2021-08-26 09:08:34

【編集:HAIWAI 2021/08/26】


泥塑 兎王


ウサギの王を作って、済南黄河の細い泥を原材料にして作って、済南の現地の中秋の月に礼拝するマスコットで、中国の月の神の崇拝の生きている化石です。北京の「兎爺」と天津の「兎二爺」と違って、済南の「兎王」は「動」を特徴として、高さは十数センチから五十センチまでで、大きさは違っています。昔、中秋節の前の週は、街中でウサギ王が売られていました。一番多い時、済南で「うさぎ王」をしているのは 30 軒以上で、家ごとにスタイルが違います。それから、代々伝わって発展しました。粘土のウサギ王はすでに済南市のシンボル的な観光記念品になりました。

山東省無形文化遺産 泥塑・兎王 (图1)

山東省無形文化遺産 泥塑・兎王 (图2)

山東省無形文化遺産 泥塑・兎王 (图3)

山東省無形文化遺産 泥塑・兎王 (图4)

山東省無形文化遺産 泥塑・兎王 (图5)

山東省無形文化遺産 泥塑・兎王 (图6)


クリック数: