無形文化遺産 労山道教音楽

無形文化遺産 労山道教音楽

2021-08-30 11:31:30

【編集:HAIWAI 2021/08/30】


山道教音楽

山道士が毎朝殿堂で朝業をしますが、彼らがよくやった打楽器と歌っている曲は道教音楽です。一千五百年余りの発展歴史の中に、道教音楽は徐々に道楽、琴楽及び地方劇曲、南方曲等の多種多様な音楽芸術要素を吸い込んで、自分なりの独特な自然スタイルを持っている。

山道楽は主に経韵音楽と器韵音楽の二種類を分けていて、別々に殿壇経韵と応風経韵があり、詠唱式、念唱式と朗読式等の方で歌います。一方、器楽音楽が、応風音楽と古琴楽をメインにします。代表作は《天を恨む》《青天に六つ聞き》など人気のものがあります。道楽と道教の文化がうまく溶け合いて、風流な朗読して、唄いながら様々な上手い歌謡が心より生まれ、長い歴史を持ちます。

 無形文化遺産 労山道教音楽(图1)

おすすめスポット:

労山は青島市の東部に位置していて市内から 40 キロ離れています。黄海の海辺に位置して勢いがいいし、山と海が交ぜていて雲気が多いで、有名な海上の山です。中国本来の宗教―道教の発祥地の一つ、2000 年の文化歴史を持ちます。

所在地:青岛崂山太清

無形文化遺産 労山道教音楽(图2)

無形文化遺産 労山道教音楽(图3)

無形文化遺産 労山道教音楽(图4)



クリック数: