サッカーの発祥地 臨淄サッカー博物館

サッカーの発祥地 臨淄サッカー博物館

2021-09-04 10:25:02

【編集:HAIWAI 2021/09/04】


蹴鞠は今“世界の第一運動”と言われているサッカーの祖ですが、中国の戦国時代、斉の都(今の淄博市)から発祥しました。石球から皮のボール、実心ボールからエアーボールまで,蹴鞠はいくつかの時代を経て、様々な変換があり、唐、宋び時代になって、ピークに達しました。伝統的な試合は多種多様で、直接的に対抗し、間接的に戦うなどを分けています。直接に対抗するのは双方がそれぞれ空中小屋のようなゴールがあり、踢鞠がゴールの数で勝負をを決め、多い方が勝ちです。間接对抗するのは蹴鞠場の中心に「風流眼」が設立され,双方が片側にいって、蹴鞠が落ちないうちに「風流眼」を通させ、数多い方が勝ち。白打つというのは様式とテクニックなどの競争で「解数」ともいいます。主に曲がり、抜き足差し足、合わせ、ペダルを踏み、捻りをかけ等のやり方があり、すべて頑張るのは臨場最後のシュートのためだけですが、お互いに競争しながら、十分お楽しみできます。

臨淄サッカー博物館は 2005 年 9 月オープンされ、世界最初のサッカー専門博物館です。サッカーの発祥地、淄博市の臨淄区に位置しています。中国の蹴鞠の文化歴史、民俗の発展史、体育文化歴史とサッカーの歴史を立体的に展示され、サッカー文化の百科事典と言える博物館です。


サッカーの発祥地 臨淄サッカー博物館(图1)

サッカーの発祥地 臨淄サッカー博物館(图2)

サッカーの発祥地 臨淄サッカー博物館(图3)

サッカーの発祥地 臨淄サッカー博物館(图4)

サッカーの発祥地 臨淄サッカー博物館(图5)



クリック数: