斉の長城 夢泉村長城

斉の長城 夢泉村長城

2021-09-30 10:07:01

【編集:HAIWAI 2021/09/30】


    夢泉村は淄河鎮政府駐屯地の東南の幸福溜上流に位置し、中には独山寨、夢泉などの奇山秀水があります。 村は明の時代に建てられ、孫臏が泉の夢を見たことからその名がつきました。 最初の中国伝統集落であり、全国重点文化財保護単位に指定されています。夢泉村は斉長城の重点保護地でもあります。斉長城は海抜712メートルの所にあり、夢泉生態観光区の頂点に位置して、姜女廟と向かい合っています。 春秋時代、シ河鎮は斉国に属していましたが、夢泉斉長城は斉国と魯国の境界にあります。 山のふもとに兵営遺迹があることから、ここが古代の戦場であったことがわかり、孫臏とポン涓が交戦した場所と伝えられています。 梦泉村の斉長城には、まだ数多くの狼煙台が残っています。ただ斉長城全体では狼煙台は少なく、この梦泉狼煙台が、考古学者に古代の狼煙台の様子を伝えます。


斉の長城 夢泉村長城(图1)

斉の長城 夢泉村長城(图2)

斉の長城 夢泉村長城(图3)

斉の長城 夢泉村長城(图4)

斉の長城 夢泉村長城(图5)

斉の長城 夢泉村長城(图6)

斉の長城 夢泉村長城(图7)


クリック数: