昔の中国にライムスリップ 周村古商城

昔の中国にライムスリップ 周村古商城

2021-10-10 09:16:20

【編集:HAIWAI 2021/10/11】


    周村は、封建社会後期、経済転換の中で発展した手工業商業村で、明清時代には中国北方の重要商業地区となり、「天下一の村」と呼ばれます。周村古商城の主な街道は「大街」ともいい、周村で最も大きく、最も古い商業街で、明の永楽年間、西暦1410 年頃に建てられました。当時の周村は各種手工業、農業、副業を基礎に発展し、特に伝統工芸として絹産業が盛んで、村中で養蚕が行われ、生産された絹、絹製品が周村から流通したため、他の手工業や商業の発展も促し、唐朝の康熙から道光までの約150年間にわたる発展で、周村は大きく繁栄しました。 
    周村の西部にある周村古商城は、大街、絲市街、綢市街、銀子市街などのエリアからなり、店が立ち並び、独特の建築が、数百年の風雨を経て今も残されています。現在、古商城は重点保護単位、省級優秀歴史建築に指定され、「中国の生きた古商業建築博物館群」ともいわれ、高い観光価値を誇っています。


昔の中国にライムスリップ 周村古商城(图1)

昔の中国にライムスリップ 周村古商城(图2)

昔の中国にライムスリップ 周村古商城(图3)



クリック数: