斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介

2021-10-15 09:18:42

編集:HAIWAI 2021/10/15


斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介

 

コース:

 

一日目:

午前:航空便/高速鉄道にて済南へ。

午後:済南観光: 趵突泉、黒虎泉、大明湖風景区

夜は、芙蓉街へ済南の美食を楽しみましょう。

済南グルメ: 済南サクサク鍋


宿泊:済南

 

二日目: 

午前:山東博物館へ見学。孫子兵法竹簡などの国宝を見学。

午後:東営市へ移動。

東営グルメ: 利津焼きまんじゅう

 

宿泊:東営

 

三日目:

午前:東営黄河口エコツーリズム景勝地遊覧

午後: 濱州市へ移動。孫子兵法城見学。

濱州グルメ:魏集ロバ肉

 

宿泊: 濱州

 

四日目:

午前:済南市へ移動。帰途へ。

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图1)


観光スポット紹介:


済南市:

済南は山東省の省都。二千六百年以上の歴史があり、南は泰山、北は黄河に面しています。済南はまた「山水聖人」「斉魯文化」「黄金海岸」という山東省の誇る三つの重要な観光路線に属しており、独特の自然景観、悠久の歴史文化、現代都市のすべてにおいて見どころのある町であります。

済南は悠久の歴史をもち、「泉の都」としても有名である。700以上の天然泉が湧き出ており、72の異なる泉の形態が認められ、それぞれに特徴があります。泉の多さは全国的に有名です。

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图2)


趵突泉:済南「七十二名泉」の筆頭に挙げられ、「天下第一泉」との誉れが高い趵突泉は、済南の名泉のうち、古代文献に最も早くその名が登場する泉でもあります。「趵突」というのは「跳びはね、疾走する」という意味で、勢いよく湧き出る趵突泉の特徴を表しています。石で築かれた岸に並ぶ建物が水面に映り、あずまやから眺めると、石造りの周囲と緑の柳が見事な対称をなし、水の風情を引き立てています。また泉のほとりには、著名人の筆跡による字を刻んだ石碑がいくつも並び、文化的な趣を添えています。

趵突泉の水は地下の石灰岩洞窟から湧き出ており、最大湧水量は一日24万立方mに上ります。透き通った水はすっきりと甘く、検査により細菌数がきわめて低く、理想的な天然の飲料水であることがわかっており、直接飲むことができます。この泉の水で入れたお茶はまた格別で、観光客によく楽しまれており、「趵突泉の水を飲まなければ、済南に来たかいがない」ともいわれています。

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图3)

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图4)

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图5)

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图6)

黒虎泉:「黒虎泉泉群」の筆頭である黒虎泉は、済南「七十二名泉」の一つであり、済南黒虎泉路の環城公園の南、護城河南岸にあります。済南泉水の中では最も勢いがあり、獣頭を象った三個の石の彫刻から水が噴き出しています。水面に何層もの水しぶきが白く沸き起る様は見とれるほど美しく、その水音は夜に遠くで聞くと虎の咆哮のようです。

  泉の源は崖下深さ3m、高さ2m、幅1.7mという深い天然洞穴の中にあり、驚くほど澄んだ水は、底まで見とおせます。洞穴の口は青い石が重なり、中の苔むした巨石のなだらかなフォルムは、まるで虎が隠れているように見えます。水は巨石の下から湧き出て、岩石を撃ち、流れる音が響きわたります。夜、風が石の隙間に吹き込むと、虎の咆哮のような音が洞内に反響するため、この名が付きました。 

  黒虎泉の最大湧水量は一日4.1万立方メートルにもなり、済南の泉のうち趵突泉に次ぐ第二位となっています。水は洞穴の中から内部の経路を伝って、標高27.88mにある獣頭を象った彫刻の口から滝のように噴出し、その後、石で囲まれた長さ約13m、幅9mの池に流れ込みます。この獣は「霸下(はか)」といい、龍王の六男で、水を好み、水辺に棲むという、伝説の獣です。池にある獣頭は清末には一つしかなく、後に西暦1931年、池の整備工事の際につくられて三つとなりました。池の北には標高6.93mの水門があって、鏡のように澄んだ水は、ゆるやかに護城河に流れ込んでいます。

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图7)

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图8)

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图9)

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图10)

大明湖風景区:済南三大名勝の一つである大明湖は、都市の真ん中にある天然湖で、泉城の重要な観光名所です。市の中心部よりやや東北寄り、旧市街区北部にある大明湖は、市内の泉から流れる水が集まってできた天然湖で、非常に大きく、雨が続いても溢れず、日照りが続いても枯れないというのが二大特徴です。 

   景色の美しい大明湖は、鳥や魚が息づき、蓮の花が咲き乱れ、船が行き来し、岸辺には柳が影を落とし、その間に数々のあずまや、楼閣が色を添え、遠くの山や青空と一つにとけ合い、まるで一大絵巻のようです。 

   八百本以上の柳の木が湖を囲み、湖の北岸には元代に建てられた北極閣があり、そこから南を望むと、遠くには山、手前には湖が見渡せ、まるで北方の江南(長江の南岸地域)の趣です。長い歴史を持つ大明湖は、名所旧跡に囲まれ、湖畔には歴下亭、鉄公祠、南豊祠、匯波楼、北極廟、遐園など多くの観光名所があり、中でも歴下亭、鉄公祠は市級文化財に指定されています。

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图11)

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图12)

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图13)

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图14)


芙蓉街:泉城路の「新華書店」近くの目立たない小路を入ると、泉城路の後ろにまだ、レトロな雰囲気が残った旧い街――芙蓉街があったことに気づきます。歴史のつまった芙蓉街の一帯は、済南市の中心部に今でも残る貴重な旧市街で、狭い道の両側には、二、三階建ての古びた西洋建築が並んでいます。 

  芙蓉街は20世紀の初めには、眼鏡屋、写真館、レストラン、政府機関、靴屋、帽子屋などがひしめく、ちょうど今の泉城路のように賑やかな通りでした。今は門の上の古い看板や額だけがその名残を留め、過ぎ去った繁栄の日々を思い起こさせます。今の芙蓉街は狭い小路ながらも、様々な食べ物が街頭に並び、舞い上がる湯気とおいしそうな匂い、それに観光客の喧騒で、賑やかさを取り戻しています。

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图15)

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图16)

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图17)

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图18)


済南サクサク鍋

サクサク鍋は伝統的な山東ご当地グルメです。かなり手の込んだ料理で、それだけに味、食感もまた格別であります。出来上がりまで約10時間。火を止め、完全に冷ましてから食べます。酸味と甘みがバランスよく混じり合い、香り豊かで食感なめらかです。一度食べたらまたすぐに食べたくなる味です。

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图19)斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图20)


東営市:

  東営市は山東省北部黄河三角州地区に位置します。黄河はここで渤海に流れ入る。唐の太宗が東征した時に、ここに駐屯地である東営と西営を設置したことからこの名がつきました。中国第二の油田、勝利油田があります。

黄河三角州は文化的景観も優れており、大汶口文化遺跡、龍山文化遺跡、岳石文化遺跡など、初期人類がこの肥沃な土地で活動した歩みを知ることができます。斉の桓公が諸侯に盟約を結ばせた柏寝台、戦国軍事家孫子の孫武祠、前漢の八博士の墓、南宋時代の大殿(朝廷内で儀式や接見に用いられる所)東営の歴史上の著名人の卓越した功績など、全て見て回れば東営の悠久の歴史と深い文化的知識についての造詣も深めることができます。

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图21)


東営黄河口エコツーリズム景勝地

 東営黄河口エコツーリズム景勝地は、黄河入り口の黄河三角州自然保護区域内にあります。世界で最も新しく完備された湿地エコシステムを完備しています。ここから海に流れ入り、海と河が交わるところなので、少し変わった景色を見ることができます。野生動物の種類は1524種、その内の271種類は鳥類です。「鳥の楽園」の別称もあります。希少価値の高い白鳥、丹頂鶴などが50種類以上、野鳥観察、魚釣りや貝拾い、潮の満ち引き、月の鑑賞、日の出などゆっくりと自然を味わい、珍しいものを見て、心身ともにリフレッシュできる場所です。

住所:東営市東城沂河路258号 電話:15726475773

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图22)

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图23)

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图24)

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图25)


利津焼きまんじゅう

利津焼きまんじゅうは清の時代に作られました。100年以上の歴史があり、別名百年老包と呼ばれます。皮は黄金色で、パリパリしているが硬くなく、具は多く皮は薄いです。香りがあるが脂っこくなく、お年寄りから小さな子どもまで好んで食べます。

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图26)

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图27)斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图28)

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图29)


濱州市:

石器時代から人類はこの地で生活し、黄河文化、斉文化発祥の地の一つとなりました。商王朝時代に蒲姑国が建てられ、秦王朝で県が置かれます。前漢時代に郡、州、府、道など地方行政が設置され、五代時代には、渤海に貼り付いているように見えることから濱州と呼ばれるようになりました。浜州の悠久な歴史は、文化の源流を漂わせています。

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图30)


孫子兵法城

 中国孫子兵法城は恵民県の西北端にある。千年の歴史がある宋代の古城遺跡を基に建造された華夏兵学第一聖殿です。八つの風景美観区と十五の大殿、224房(中庭をはさんで母屋の両わきに向かい合った建物)で構成されています。古代を感じさせる城内の空気、心地よい音、楼台亭軒、涌き出でる泉、それぞれが古代の趣を醸し出しています。城内を歩けばところどころに軍略家、兵聖孫武の知恵を見い出し、その世界を存分に堪能することができます。

住所:濱州市恵民県武聖大道    電話:86-0534-5353966 

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图31)

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图32)

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图33)

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图34)


魏集ロバ肉

「天上に龍肉がり、以上にロバ肉がある」の諺でロバ肉の旨みを賞賛しています。魏集ロバ肉も百四十年の歴史を持つ名物料理で、四歳以下の渤海黑ロバを原材料として作られました。柔らかく、食感もおもしろく、その独特の風味は斉魯の大地に知れ渡っています。

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图35)斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图36)

斉魯大地の歴史を探る 山東省済南・濱州・東営四日間コース紹介(图37)


クリック数: