中国百年考古学的大発見トップ100発表 山東省が入選したのは?

中国百年考古学的大発見トップ100発表 山東省が入選したのは?

2021-10-20 14:10:58

【編集:HAIWAI 2021/10/20】


中国百年考古学的大発見トップ100発表 山東省が入選したのは?(图1)

    2021年10月18日、中国現代考古学誕生の百周年を記念する第三回中国考古学大会の開幕式は河南省三門峡市で行われました。大会に、「百年考古学的大発見トップ100」が発表され、山東省の以下の六項目が入選されました。


山東泰安大汶口遺跡

山東章丘城子崖遺跡

山東臨淄斉国故城

山東曲阜魯国故城

山東臨沂銀雀山漢墓

山東青州龍興寺遺跡


泰安大汶口遺跡

  大汶口遺跡は泰安市大汶口鎭と寧陽県磁窑鎭にあり、約6100年-4600年前の新石器時代晩期の遺跡です。1959年に発見されました 。大汶口遺跡は北辛文化、大汶口文化、龍山文化によって構成されています。特に大汶口文化遺跡は一番代表的です。大汶口遺跡には100余り箇所の墓地、住宅、陶器釜などの遺跡が発見されました。これによって、山東省地域の龍山文化の源が判明され、黄河流域及び山東省、浙江省沿海地域の原始文化の研究に重要な手がかりを提供しました。

中国百年考古学的大発見トップ100発表 山東省が入選したのは?(图2)中国百年考古学的大発見トップ100発表 山東省が入選したのは?(图3)

代表出土品

中国百年考古学的大発見トップ100発表 山東省が入選したのは?(图4)

紅陶獣形壺

(山東博物館所蔵)


章丘城子崖遺跡

   城子崖遺跡は約紀元前2500年~紀元前2100年の新石器時代に属し、山東省済南市章丘市龍山街道龍山村にあります。1928年に発見されました。城子崖遺跡は周代都城遺跡、岳石文化古城、龍山文化古城によって構成されています。城子崖遺跡は中国五千年文明史の研究に実物証拠を提供した重要な大発見です。

中国百年考古学的大発見トップ100発表 山東省が入選したのは?(图5)

中国百年考古学的大発見トップ100発表 山東省が入選したのは?(图6)


代表出土品

中国百年考古学的大発見トップ100発表 山東省が入選したのは?(图7)

龍山文化白陶


臨淄斉国故城

    臨淄斉国故城は周朝(紀元前1046年—紀元前256年)から漢朝(紀元前202年~紀元220年)までの斉国の都である临淄城の所在地です。山東省淄博市臨淄区斉都鎭にあります。東の淄河に臨んでいますので、臨淄と名づけられています。

 臨淄斉国故城は大城と小城によって構成され、総面積が16平方キロメートルに達しています。大城は東の臨淄河に接し、小城は大城の南西部に位置しています。臨淄斉国故城の保存状態は比較的に完全で、地上と地下の文化財も非常に多く、中国文化史に高い位置に据えられています。

中国百年考古学的大発見トップ100発表 山東省が入選したのは?(图8)

中国百年考古学的大発見トップ100発表 山東省が入選したのは?(图9)


代表出土品



中国百年考古学的大発見トップ100発表 山東省が入選したのは?(图10)

斉国故城・城壁


曲阜魯国故城

    曲阜魯故城は中国周朝魯国(紀元前1043年—紀元前255年)の都城の遺跡で、山東省曲阜市の東部と北部にあります。周成王は周公旦の長男である伯禽氏を魯国の王に命じてから、ここで都が建てられました。

 曲阜魯国故城城址の面積は約10.45平方キロメートル、城壁の長さは约11.9キロメートルです。東、西、北にそれぞれ城門があります。

中国百年考古学的大発見トップ100発表 山東省が入選したのは?(图11)



代表出土品


中国百年考古学的大発見トップ100発表 山東省が入選したのは?(图12)

魯国大玉璧

(山東博物館所蔵)


臨沂銀雀山漢墓

   銀雀山漢墓は山東省臨沂市市内の銀雀山南西部にあり、全国においても大規模な古代墓地群のひとつです。主は西漢(紀元前206年—紀元8年)の墓地ですが、戦国時代から、唐、宋、元、明、清歴代の墓地も揃っています。

 1964年から1986年までの発掘を経て、100以上の墓地が発見され、約5000枚以上の竹簡が出土しました。かの有名な『孫子兵法』の竹簡もここで初めて実物を発見しました。他に、『六韬』『尉缭子』の兵法書、『墨子』『管子』『晏子春秋』などの古籍も同時に出土しました。銀雀山漢墓遺跡は「馬王堆漢墓」、「始皇帝の兵馬俑」などに並び、「新中国十大考古発見」の一つに選ばれています。

中国百年考古学的大発見トップ100発表 山東省が入選したのは?(图13)

中国百年考古学的大発見トップ100発表 山東省が入選したのは?(图14)

代表出土品


中国百年考古学的大発見トップ100発表 山東省が入選したのは?(图15)

孫子兵法竹簡・孫臏兵法竹簡

(山東博物館所蔵)


青州龍興寺遺跡

 「龍興寺仏像」は1996年に発見された北魏時代(386年~534年)の龍興寺から出土したものです。北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時期に渡る400体からある仏像があります。一番大きいのは3.2mで、一番小さいのは0.2mしかありません。

 龍興寺仏像の発見は中国の考古学的重要な発見の一つで、北魏から宋元までの仏像芸術発展の実物証明であります。

 微笑んでいる仏像、綺麗な衣服を身に付けた菩薩、飛び出そうとする飛天、多種多様な蓮花など、どれでも見る度に屈服せずには禁じません。

中国百年考古学的大発見トップ100発表 山東省が入選したのは?(图16)


代表出土品


中国百年考古学的大発見トップ100発表 山東省が入選したのは?(图17)

中国百年考古学的大発見トップ100発表 山東省が入選したのは?(图18)

中国百年考古学的大発見トップ100発表 山東省が入選したのは?(图19)


いかがでしたか。

上記の六箇所、どれに行かれましたか。

この六箇所をツアーで回りたい場合、以下のコースと攻略を押さえておきましょう。


一日目:新幹線あるいは飛行機で済南より山東省に入ります。

観光スポット:山東博物館、章丘城子崖遺跡

宿泊は章丘市にて


二日目:泰安市へ移動。

観光スポット:泰安市博物館、大大汶口遺跡

その後、曲阜へ移動。

宿泊は曲阜にて。


三日目:曲阜観光

観光スポット:魯国故城、孔子博物館。

午後、淄博市へ移動。

淄博市泊


四日目:淄博市観光

観光スポット:斉国故城遺跡、斉文化博物館

その後、青州へ移動。

午後:青州博物館。

その後、臨沂市へ移動。

臨沂宿泊。


五日目:臨沂市観光

観光スポット:臨沂市博物館、臨沂市兵学博物館。

王羲之故居。

その後、青島へ移動。

青島 泊


六日目:青島観光

観光スポット:青島市博物館


終了後、青島空港/青島駅へ、帰途。


クリック数: