青島の名前の由来 小青島公園

青島の名前の由来 小青島公園

2021-10-25 09:26:44

【編集:HAIWAI 2021/10/25】


    青島桟橋の東南方にある小青島は、もとの名を「青島」といい、樹木が繁り、岩が聳える美しいこの島は、桟橋の「回瀾閣」と共に、青島湾にある二粒の真珠のよう。高空から見下ろすと、この小島は琴のような形をしていることから、「琴島」とも呼ばれています。島にある灯台は、ドイツ人が1900年に建てたもので、高さ15.5m、百年を経た今でも、八角形の白い灯台は、船が膠州湾を出入りする際の重要な目印であり、12海里の遠方まで届く光で、航海の安全に役立っています。
    明滅する灯台の光と、それを映す波がつくり出す「琴嶼飄燈(=琴島のゆらめく灯)」の風景は、青島十景の一つに譬えられています。 島には地勢のなだらかな南部に小さな広場があり、広場には、古くから語り継がれる悲しい愛の物語を背負った「琴女」の彫刻が、琴を手に持ち、海を見つめる姿で立っています。海を眺めるにも、釣りをするにも、散歩するにも適した小青島は、思い出に残るとっておきのスポットです。


青島の名前の由来 小青島公園(图1)

青島の名前の由来 小青島公園(图2)

青島の名前の由来 小青島公園(图3)

青島の名前の由来 小青島公園(图4)

青島の名前の由来 小青島公園(图5)

青島の名前の由来 小青島公園(图6)

青島の名前の由来 小青島公園(图7)


クリック数: